ストーリー
モデルハウス
ビスコッティハウスのこだわり
イベント
土地探し
問い合わせ
会社概要
ビスコッティハウスでは、通気断熱WB工法の持つ優れた利点を最大限に引き出せるよう、各部の構造・素材等を厳選しています。
何よりもお客様の家が ”健康”であること、その前提の上に ”快適”であり ”省エネ”であることを心がけています。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

暑い日には、各所の通気口が自動的に開き、自然な換気をします(人が衣服を脱いだ状態になり、壁の中の通気層が二重の冷却層になります)。
部屋の中は外気温に直接暖められず、床下通気口から入り込んだ外気は、床下地面の冷気とともに第2通気層を上昇してハットヘルスから排出される冷却層をつくり、家全体に快適な涼しさをもたらします。
寒い日には、冷たい温度を感知し各所の通気口が自動的に閉じ、保温効果の高い住まいにします(人が衣服を重ね着した状態になり、壁の中の通気層が保温層になります)。
第2通気層は保温層となり、部屋の中は外気温に冷やされず、快適な暖かさを保ちながら、透湿性の部屋壁や木材とともに呼吸効果を発揮し続け、健康的な環境を維持します。 冬場の大敵、結露も起きません。
自然体の伝統的な家づくりをヒントに、特許技術で国土交通大臣認定へ。
気流の流れで「人」・「家」・「地球」の健康を保証し ”安心” にお応えする新しい家づくりの流れは、全国へ広がっています。
家をつくることは、家族の居場所をつくるということ。心からくつろげる空間をつくるということ。
私たちはそのことだけをずっと考えてきました。
住む人の健康を守り、家自体の健康を育み、そして地球環境の健康を見つめる。
通気断熱WB工法はそのひとつひとつを、着実に叶えていきます。

皮膚呼吸をつかさどる壁材に透湿材を採用し、部屋の壁と断熱材の間に気管支呼吸のための通気層を設けて、室内で発生した余分な湿気を外に出します。これによって常に換気している状態になり、有害な化学物質や結露の対策に有効な効果を得られます。

「形状記憶式自動開閉装置」で家の通気層を制御し、快適空間を作ります。この装置は温度を感知することにより換気口を自動的に開閉します。暑い日には換気口が開き、寒い日には喚起口が閉まる、という衣服の着脱と同じ機能(非機械的)を持ちます。

構造体の工法には、土台や柱、梁などの木材を組んでいく「木造軸組工法」を採用しています。
木造とは、土台、柱、梁、桁などの主要構造部材を木材で作る建築物のことを指し、主要構造部材それぞれが、様々な力に対してバランス良く機能することで地震などにも強い建物になります。
このバランスは、当社の設計ノウハウと、熟練した職人の技術により支えられています。
木造軸組工法は、構造的制約が少ないためデザインや間取り、敷地などに対して柔軟に対応可能なうえ、ご家族のライフスタイルに合わせて、将来的に自由に空間を変えやすい工法です。
剛床工法(根太レス工法)とは、床の下地に根太(ねだ)のかわりに、厚めの構造用合板を敷く工法です。
従来の根太組み工法とは対照的に「面で力を受ける」ので、地震などの衝撃で加わる力に対し、合板面で効果的に力を分散し、逃がすため、ゆがみにくい構造となっています。
ビスコッティハウスでは、地震などの揺れで強く影響の受けやすい2階以上の階に採用しています。
構造体(柱や梁)の上に根太と呼ばれる細長い木材を渡して、その上に床材を貼っていく工法。この場合構造体は線や点で結ばれているような状態になり、地震などの衝撃が加わると、その力によって構造体がゆがんでしまう恐れがある。
構造体の上に根太の代わりに厚めの構造用合板(24mm以上)を敷くことにより、根太工法の線や点で結ぶ状態ではなく、面で押さえる状態になる。この場合、地震などの衝撃で加わる力は合板面が効果的に分散し、力を逃がすので構造体がゆがむことが少ない。
建物の地盤面全体を鉄筋コンクリートで施工し、建物を基礎全体で支えるので、地震等の衝撃を効果的に地盤へ逃がします。
また、地面をコンクリートで覆うため、シロアリなどの害虫から家を守り、地面からの水蒸気を防ぐ効果もあります。
構構造の土台に沿って施工する布基礎と呼ばれる工法は、地震などで構造体にかかる衝撃が基礎下のフーチングと呼ばれるところを通ってT字状に逃げていく。
基礎の直下にもっとも大きな力がかかり、建物沈下などの原因にもつながる。
構地盤面全体を鉄筋コンクリートで施工し、建物を基礎全体で支えるので、地震などの衝撃を分散させて効果的に地盤へ逃がす。
基礎全体で力を分散して受けるので、建物の沈下が起こりにくい。
建物の外装下地材には、耐力面材「ダイライト」を使用しています。ダイライトは、地震や火災に強い耐震ボードです。
通常の筋交いによる工法は、水平方向からの力に弱く、地震などの際に大きな揺れを発生します。
耐力面材ダイライトの壁は、揺れの力を、家全体を覆う耐力面全体で受け止め、分散させるため、非常に大きな強度を発揮し、高い耐震性能が実証されています。ビスコッティハウスでは、塗り壁を多用するため、建物全体の揺れを大幅に防ぐダイライト工法を、その高い耐震性能面だけでなく、外壁のクラック・ひび割れ防止の観点からも採用しています。
また、ダイライトは燃えにくく、シロアリを寄せつけない無機質原料(鉱物質繊維と火山性ガラス質材料)を使用しています。
高い耐震・防火性能に加えて、腐りにくく、白蟻にも強さを発揮します。丈夫で長持ちする住まいづくりにおすすめです。
防腐・防蟻性に優れ、寸法安定性・透湿性にも優れたダイライトは、外壁通気構法の効果をより高める下地材です。
ダイライトは燃えにくい無機質素材。
木質の『壁』より火に強く。準不燃材料として認定されています。
また、防火構造や準耐火構造の認定も取得。
軽量ながら構造用合板(特類)と同レベルの強度を誇るとともに、防火性が高いなど、外壁下地材として多彩なニーズに対応しています。

ビスコッティハウスのW断熱工法では
外壁の下地材として、通気性の高い断熱ボードを使用し耐力面材ダイライトとの間に空気の流れを確保。外気からの伝導を防ぐとともに、ダイライトを湿気等の損傷から守ります。
また、内壁面は断熱材とプラスターボードの間に通気層を確保することにより、家全体を外側と内側から一年中快適な空気で包みこみます。
建物損傷の原因となる結露の発生を抑え、外気の余分なエネルギーをカットし、毎日の冷暖房費を最小限に抑えます。環境に配慮した真のエコ住宅です。
工法・性能
資金計画
アフターメンテナンス
選べる3タイプ